足湯にも美脚効果


美脚エステを激辛比較 ⇒ モデル脚を目指す ⇒ 足湯で全身をリラックス


モデル脚を目指す

足湯には全身リラックスの美脚効果がある

脚に効果的な入浴法 ←|→ 足トラブルは治す


◆ 足先から全身を温める ◆

足湯 温泉場などでよく見られる足湯。自宅でもテレビや雑誌を見ながら、簡単に足湯ができます。
疲れた下半身をじんわり温めてリラックス+美脚。

寒い季節でなくとも、夏場は冷房で下半身は冷え切っています。血流やリンパ液の流れも悪くなり美脚を阻害。

足湯には血流やリンパ液の流れを改善する効果あり。又、冷えから来る腰痛、凝り固まった肩や首の痛み、肩凝りから来る頭痛にも効果あり。

風邪のひき始めや、お風呂に入れない時に最適な方法。


◆ 湯音を一定に保つ差し湯 ◆

足湯の方法は簡単。冬の場合には先ず部屋を暖めます。
床にシートを敷いて、バケツとバスタオルを準備。

バケツには熱め(40〜42度)のお湯を入れて、くるぶしの上が浸かる程度の量に調整。
両足を浸けて15分前後リラックス。粗塩ひとつまみ入れるとリラックス度が上がります。

途中でお湯が冷めますので、差し湯をして温度を調整する事を忘れずに。
終ったら、バスタオルで良く拭きます。そうしないと足から全身が冷えて折角の美脚が台無し。


◆ 入浴剤の活用も ◆

リラックス効果を高めたい時は入浴剤やエッセンシャルオイルを使ってアロマフットバスにする方法が最善。

スポーツ後やウォーキング後は温冷浴の足湯も効果的。
温かいバケツに2分、冷たいバケツに30秒。これを数回繰り返す美脚法でこれも効果が大きい。




関連記事


美しい脚になる最強エクササイズは脳
頭で「こうしたい」「こうなりたい」と考えている希望や願望。それが、脳が体や脳内組織に指令を出す大元。
その結果、意欲が出たり、体がその通りの行動をさせて結果をなって表れます。 脚エクササイズの第一歩は考え方を変える事と体感エクササイズから。
目指すのは、男性が感じる美しい脚=「ある程度ふくよかで、真っ直ぐ、ボコボコしてない」。
美しい立ち姿勢の体感エクササイズ
尾骨から頭蓋骨までを貫く脊椎と骨盤周囲筋を意識して、美しい姿勢を保つ脳エクササイズ。
考案したドイツ人の名前を摂って、呼び名はピラティス。 目的は腹横筋と腸腰筋を鍛えて美しい姿勢を作る事。素の脳エクササイズ。 腹横筋は内蔵を保護する為の筋肉で腹筋群の深層部に位置。 腸腰筋は大腰筋と腸骨筋を合わせ名称。大腰筋は脊椎と大腿骨を結び、歩く時に腿を持上げる筋肉。
正しい姿勢で座る
立っている時より座っている時の方が脚の筋肉を使っていない為楽です。
しかし、腰に掛かる負担は座っている時の方が大きい! さらに座ると上体が安定するため、腿から下を組んだり、浅く座ったりと逆に不自然になりがち。 座った姿勢が悪くなると、背中・肩・腰の筋肉などの負担がかかり、血行が悪くなります。 血行不良は下半身にまで及び冷え、ムクミの原因にもなる。 座った時に、必ず脚を組む人は骨盤や股関節の歪みの可能性大。
正しく歩く
歩く時には足や脚の筋肉、関節、靭帯、関節包を使ってます。
これらの組織には大きな負担がかかっていますが、正しく歩くと負担は最少。 正しく歩けるかどうかで美脚が決まる位重要なエクササイズ。 20〜30分歩いただけで足や脚が疲れる人は歩く姿勢に問題が有るか、筋力が低下している場合のどちらか。 自分に合った靴で正しい姿勢で歩くと、身体への負担が軽減し、脚に必要な筋肉が鍛えられ良い方向に!
外反母趾・偏平足解消と足首を細くする
・右足首を左太腿の上に乗せ、右手で右足首を固定する。
・左手の親指で、足の母趾の付け根を押さえる。
・左手の人差し指と中指で、足の母趾の内側を支える。
・母趾の付け根を、左手の親指で5秒前後押し込む。
・母趾が曲がらない様に人差し指と中指で支える。
・3回程度行い、逆も行なう。
足首・膝下・膝・腰のくびれ・広がったお尻を改善
・両手で腓骨(膝の横の出っ張り)を押さえる。
・この時上体は必然的に前に屈む姿勢。
・踵を揃えてつま先を60度開く
・踵と膝は離れない様に両手で押さえながら、
 踵を大きくゆっくり上下させる。
・これを10回程度行なう。
・次に、つま先を揃えて、同じ動作を行なう。