エステに合った脚と比較ポイント


美脚エステを激辛比較 ⇒ 比較ポイント


ランキング

エステ詳細内容


リンク

あたなの脚に合った脚痩せエステを比較して選ぶ


数ある脚痩せエステを比較して自分に合ったエステサロンを選ぶのは中々大変です。

脚痩せ願望の有る女性の脚タイプは大きく5つに分けられます。
自分が該当する脚タイプに最適な脚痩せエステサロンを選べばかなり良い結果が得られます。




先ずは5つのタイプと特長を見てみます。

◆ 水太りタイプ

脚の細胞間組織に水を多く蓄えていて、脚が太くなっているタイプです。
血中塩分濃度を0.9%に保つ為に、薄める為の水を多く貯めている人。
食事の塩分量が多い人に見られます。

◆ 脚の静脈血滞留タイプ

病気で無い女性で脚が太くなっている人の大部分はこのタイプに属します。
一般にはムクミとして表れます。
長時間の立仕事・座り仕事で筋肉運動が少ないと、静脈血が心臓に戻れなくなり滞留してムクミます。
筋肉がポンプの役目をして静脈血を心臓に戻しています。

◆ 脂肪太りタイプ

このタイプの人は既に脚だけでなく全身が太っています。
女性の大きな特長は「部分痩せ出来ない」事なので、脚だけ優先して細くする事が出来ません。
全身のダイエットが必要。

◆ 筋肉太りタイプ

アスリート以外の女性でこういう人はいません。「自分は筋肉太り」と言っても実態は脂肪です。

◆ O脚タイプ(骨盤タイプ)

日本人に多いタイプです。両脚で立って、内腿・膝・足首の内、1箇所以上離れていたらO脚です。
主に骨盤の歪みが原因です。


 脚痩せエステサロンの特長と効果的なタイプ

脚痩せエステサロン・特長 向いている人
ソシエ
カウンセリング&チェックから入るカウンセリンを先ず行う
基礎代謝測定やボディチェックが先。その人に合ったプランを作成
人それぞれ特質がある為、機械では無理との考えからハンド主体
セルフケアアドバイスが特長
完全個室

水太りタイプ
静脈血滞留タイプ
ミスパリ
ヒップから下の集中トリートメント
ハンド+ミリオンウェーブ(機械)
施術はなり強め。押したり揉んだり
水分排出(むくみ解消)なので即効性はあるが、又すぐに戻るのが難点
完全個室

水太りタイプ
静脈血滞留タイプ
脂肪太りタイプ
たかの友梨ビューティクリニック
ダイエットが中心。その一環として脚痩せエステ部分痩せコース
設備と技術・接客の良さがポイント
マシン+ハンド主体。サロンでの食事などのアドバイスを元にセルフ対策が必要
夜8時まで営業
完全個室制

脂肪太りタイプ
スリムビューティハウス
骨盤ダイエット脚痩せコース「太もも」「お尻」「腰回り」が主体
体幹に着目している点が特長。普段使われない筋肉を使う
O脚に悩む方にはピッタリ。かなり調整される
個室なし

O脚タイプ
エルセーヌ
ヒップ・両太もも・両ふくらはぎ・両足首のサイズダウンが主体
ハンド+マシンだがハンドの評判も良い
カジュアルで値段が安いにが特長
個室なし

水太りタイプ
静脈血滞留タイプ
ラ・パルレ
理論も施術も本格な脚痩せエステ。骨盤周りを調整して代謝アップ
骨盤筋を鍛えて代謝アップ。結果、脂肪蓄積減少
O脚に悩む方にはピッタリ。かなり調整される
マシンとハンドの組み合わせ
個室なし

O脚タイプ
リフィート
各人に付くボディデザイナーとの2人3脚で挑戦。
食事制限なし、リバウンドなし
が、実態は日常生活での水分制限を強要される。
個室なし

水太りタイプ



関連記事


美脚は可能
美脚を妨げている要因を対処すれば、だれでも美脚を獲得する事が出来ます。
代表的な美脚阻害要因を列挙します。
又解決方法は美脚エステで無く自宅で出来る方法にしました。
美脚になる最も効果的なのはムクミ解消。美脚で無い脚の1位はムクミです。
美脚エクササイズの第一歩
頭で「こうしたい」「こうなりたい」と考えている希望や願望。それが、脳が体や脳内組織に指令を出す大元。
その結果、意欲が出たり、体がその通りの行動をさせて結果をなって表れます。
美脚エクササイズの第一歩は考え方を変える事と体感エクササイズから。
美しい立ち姿勢の体感エクササイズ
立った時の姿勢や歩く姿勢のバランスを調えるには、腹横筋・大腰筋・腸骨筋・骨盤底筋を意識する事が重要。
尾骨から頭蓋骨までを貫く脊椎と骨盤周囲筋を意識して、美しい姿勢を保つ脳エクササイズ。 考案したドイツ人の名前を摂って、呼び名はピラティス。
足首・膝下・膝・腰・お尻を改善
膝下の0脚だけで無く歪みの改善にも効果的。
曲がって見える足首も真っ直ぐに出来る。
膝下や足首を改善するエクササイズ。
足首と膝のバランスエクササイズ
足首の動きのバランスを調え美しさを目指すエクササイズ。
普段と違う動きなので慣れないと結構きつい美脚エクササイズ。
コツはゆっくりした動作の円運動。
ゆっくり動かす事で関節の運動が体感できます。