更年期障害


美脚エステを激辛比較 ⇒ 体の不思議 ⇒ 更年期障害になる理由


詳細内容

体の不思議-更年期障害は自律神経失調症

セルライトなんて物は無い ←|→ プラセンタは胎盤

◆ 男性にも更年期障害は有る? ◆


 年が更けると書くので、衰えによるいろいろな症状は出ますが、女性の様な
 メカニズムの更年期障害では有りません。


◆ 女性の更年期障害というのは、自律神経失調症 ◆


 自律神経失調症というのは、脳が自律神経系に間違った命令を出す事で起こる
 障害のこと。


 必要ないのに頭に血液を集めて目まいを起こしたり、暑くも無いのに間違って発汗させたりする。
 臓器や組織は至って正常なのに、間違った命令通りに動くからその人にとっては具合が悪い。


 更年期障害もこれと全く同じもの。
 両者は区別できません。原因となるトリガーが違うだけで後は全く同じもの。



◆ 女性だけが起こる理由 ◆


 女性ホルモンであるエストロゲン・プロゲステロンの分泌がある年齢がくると止まるとか
 少なくなってしまう事がトリガーとなります。


 止まる事態が脳にプログラムされていないという事で発症します。
 脳はエストロゲン・プロゲステロンの分泌が命令通りに行なわれずに少なくなると
 緊急事態が発生したと解釈します。


 分泌は脳の生命中枢と言われている視床下部が制御していますが、緊急事態発生のため
 同じ所にある自律神経中枢が間違った命令を出してしまう事が原因です。


◆ 男性が発症しない理由 ◆


 妊娠の使命が無いから関係が有りません。妊娠と深い関係があります



◆ 妊娠と深い関係がある為、女性だけが発症 ◆


 エストロゲン・プロゲステロンは妊娠の為に最重要で、約28日周期でカーブ
 を描く様に卵巣から分泌される必要があります。


 卵巣に命令しても、分泌が無くなってしまう為、緊急事態が発生したと脳は解釈します。
 女性も社会進出しましたが、脳にとっては、妊娠は女性の重要な使命です。



◆ 更年期障害は大昔から障害あった? ◆


 昔は自覚する前に天寿を全うする人が大部分でした。今は寿命延びたため、
 結果として自覚する人が増えたと言う事です。



◆ 軽くする方法は? ◆


 脳が「 これでも問題ない 」 と学習すれば障害は完治します。
 それまで、通常5〜6年。長い人だと10年位かかります。


 個人差もあります。


 運動とか活動とか心身に健康な生活とかして、少しの間仲良く付き合うのが良いとされてます。
 脳も学習・認識してきて徐々に軽くなります。


 脳が学習して認識を変える事を 「 脳の可塑性 」と言います

 ホルモン投与で軽くする方法も有りますが、脳を騙すだけであって一生続ける訳にも行きません。
 また、脳も学習しません


 若い時から運動を心がけて、規則正しい生活すると上手に付き合って行けるとされています。



◆ 脳を騙すとは? ◆


 28日周期でカーブを描く様に女性ホルモンを投与すれば、脳は緊急事態が解消したと
 認識します。 結果、この間は脳は学習をしません。



関連記事


美脚は可能
美脚を妨げている要因を対処すれば、だれでも美脚を獲得する事が出来ます。
代表的な美脚阻害要因を列挙します。
又解決方法は美脚エステで無く自宅で出来る方法にしました。
美脚になる最も効果的なのはムクミ解消。美脚で無い脚の1位はムクミです。
美脚エクササイズの第一歩
頭で「こうしたい」「こうなりたい」と考えている希望や願望。それが、脳が体や脳内組織に指令を出す大元。
その結果、意欲が出たり、体がその通りの行動をさせて結果をなって表れます。
美脚エクササイズの第一歩は考え方を変える事と体感エクササイズから。
美しい立ち姿勢の体感エクササイズ
立った時の姿勢や歩く姿勢のバランスを調えるには、腹横筋・大腰筋・腸骨筋・骨盤底筋を意識する事が重要。
尾骨から頭蓋骨までを貫く脊椎と骨盤周囲筋を意識して、美しい姿勢を保つ脳エクササイズ。 考案したドイツ人の名前を摂って、呼び名はピラティス。
足首・膝下・膝・腰・お尻を改善
膝下の0脚だけで無く歪みの改善にも効果的。
曲がって見える足首も真っ直ぐに出来る。
膝下や足首を改善するエクササイズ。
足首と膝のバランスエクササイズ
足首の動きのバランスを調え美しさを目指すエクササイズ。
普段と違う動きなので慣れないと結構きつい美脚エクササイズ。
コツはゆっくりした動作の円運動。
ゆっくり動かす事で関節の運動が体感できます。