歯医者選び


美脚エステを激辛比較 ⇒ 体の不思議 ⇒ 歯医者さんの選び方


詳細内容

体の不思議-歯医者選び

ホワイトニング ←|→ 緑内障と肩凝り

◆ 歯医者さん行っても技工士さんを見ないワケ ◆


 技工士さんは技工室にいます。黙々とこなしてます。
 更に、技工士さんは患者さんと接する事は禁止されています。


 法律で禁止されている事項です。その為、技工士は先生の指示書に基いて
 作業をします。どうするかは歯科医が決める事が定められています。



◆ 作業は指示書だけでやる ◆


 患者さん何回かは通うので、その人の状態もわかって来るのと
 永年やっていれば先生のクセ・特長も判って来ます。


 問題意識を持って仕事していれば、自然とそうなってきます。
 資格取得して学校卒業した時はまだ出発点です。勝負はそこからです。



◆ 良い歯科医の選び方  ◆
     

 良いか悪いかでは無くて、自分に合っているかかどうかだと思います。
 選ぶポイントは幾つかあると思います。次の様な視点が良いと思います。


 ・先ず、予防/再発防止に力を入れている

  虫歯や歯周病も予防出来るので、治療の時、終りの時などに、再度虫歯や
  歯周病にならない様に、対応策を教えてくれる歯医者さん。


 ・細かい仕事も丹念にしてくれる


  身体の中で一番敏感な口内を扱う歯科の仕事は繊細で、いつも肩凝です。

  人当たりが良い「いい先生」よりは「気難しそう」でも丹念に黙々と細かな事を
  してくれる歯医者さんがその方にフィットする場合が多いです。


 ・話を良く聞いてくれる


  人間は機械の様に画一では無い為、ある人には最適でも別の人には全く合わない
  事が有ります。


  治療期間中でも自分の訴えを良く聞いてくれる歯医者さんの方が後々のトラブル
  が少ないです。


 ・専門用語を並べて説明する歯医者さんは要注意


  一種サービス業です。相手のことを良く考えているかどうかです。
  専門用語で説明されても困ると思います。


 ・安すぎは逆に用心も必要


  別の歯医者さんで治療後、トラブルを起こして来院した患者さんの話を伝え聞くと
  どうしてそんなに安い値段で治療できるのか首をかしげる事があります。


  で、やっぱりね。となります。
  高過ぎるのも問題ですが、やはりリーズナブルが良いです。



 ここまでが半分です。


 今までのは、患者さんからの一方的な評価ポイント。
 歯科医側も患者さんにして欲しいポイントが有ります。
 必要なのは相互信頼関係です。



◆ 歯科医側が患者さんにして欲しい事 ◆

 良い治療を受ける為に患者さんにして欲しい事柄になります。

 ・約束時間は守る

  一番困るのが連絡無しにすっぽかされる事や遅れる事です。
  歯科医側は時間とにらめっこして準備しています。

  社会人として、電話位はすべきです


 ・自分の訴えを遠慮なく、その場で言う

  後で言われても、後々のトラブルの元。その場で言うのが正解です。


 ・自分の歯を大切にする

  自分の歯を大切にしている患者さんは判ります。歯科医側も力入ります。
  家でのケア方法、衛生士が説明する事を、実行して欲しいものです。


  メンテの時に見れば判る、と衛生士は言います。
  何もされてないと、やる気無くす様です。


 ・時には高価な治療も選択肢に
  全て保険適用での診療では、時に限界もあります。お財布が許す範囲で、
  一段上の治療もすると良い結果になる場合もあります。




関連記事


美脚は可能
美脚を妨げている要因を対処すれば、だれでも美脚を獲得する事が出来ます。
代表的な美脚阻害要因を列挙します。
又解決方法は美脚エステで無く自宅で出来る方法にしました。
美脚になる最も効果的なのはムクミ解消。美脚で無い脚の1位はムクミです。
美脚エクササイズの第一歩
頭で「こうしたい」「こうなりたい」と考えている希望や願望。それが、脳が体や脳内組織に指令を出す大元。
その結果、意欲が出たり、体がその通りの行動をさせて結果をなって表れます。
美脚エクササイズの第一歩は考え方を変える事と体感エクササイズから。
美しい立ち姿勢の体感エクササイズ
立った時の姿勢や歩く姿勢のバランスを調えるには、腹横筋・大腰筋・腸骨筋・骨盤底筋を意識する事が重要。
尾骨から頭蓋骨までを貫く脊椎と骨盤周囲筋を意識して、美しい姿勢を保つ脳エクササイズ。 考案したドイツ人の名前を摂って、呼び名はピラティス。
足首・膝下・膝・腰・お尻を改善
膝下の0脚だけで無く歪みの改善にも効果的。
曲がって見える足首も真っ直ぐに出来る。
膝下や足首を改善するエクササイズ。
足首と膝のバランスエクササイズ
足首の動きのバランスを調え美しさを目指すエクササイズ。
普段と違う動きなので慣れないと結構きつい美脚エクササイズ。
コツはゆっくりした動作の円運動。
ゆっくり動かす事で関節の運動が体感できます。