部分痩せ


美脚エステを激辛比較 ⇒ 体の不思議 ⇒ 部分痩せは不可能


詳細内容

体の不思議-部分痩せ

有酸素運動とダイエット ←|→ むくみの種類と原因

 脚だけ痩せられたらいいですよね。美脚エステでも部分痩せメニューを載せているところが有ります。
 しか〜し、そうは問屋が卸しては呉れません。

 医学の検証で否定的結果が出ています。残念!特に女性に厳しい結果です。

◆ 部分痩せは可能なのしょうか? ◆


 お腹の立派な男性がジムなどで良くやってます。ここにも、それでお腹細くならないか
 と尋ねる男性います。まあ、少しだけ当たっています。
記事1

 部分痩せ、つまり有酸素運動で体脂肪分布がどう変化するかと言う問題です。
 この研究は最近になって始められて、意外な事も判って来ました。



◆ 最近まで余り研究されなかった理由 ◆


 研されなかった理由は、体の中での体脂肪分布の測定方法が確立されていなかったから。
 測定出来なければ分布は派割りません。


 測定方法が確立されてきて研究と実証実験がされてきました。
 先ず女子学生を2グループに分けて実験する事から始まりました。


 一方には、脚・お腹などを中心に運動して貰い、他方のグループには、全身運動を
 やって貰いました。

 この時の運動の強さ、時間、酸素量は同じにします。


 運動後に、結果を測定して詳細に比較すると言った手順です。



◆ それで、判明した事実 ◆


 有酸素運動したから、脂肪量は減りました。

 しかし、両方のグループで、体脂肪分布に差は出ませんでした。又、
 グループとも消費された
 体脂肪の部位による偏りも有りませんでした


 体中の脂肪が均等割合で使用された事が判りました。
 ある部分の脂肪が優先して消費される事は無かったと言う意味です。


 その後も詳細な研究や実験が繰り返し、行なわれて来ていますが、結果はいつも同じです。

 但し、男女差がある事も判ってきました。



 【 男性 】

 女性より減少幅が大きい

 腹部脂肪が減る傾向にある


 【 女性 】

 全身の脂肪が均等に減少する。 ◆




◆ 女性には厳しい結果かも知れません ◆


 だから、脚が太いからと言って、脚の運動ばかりしていても余り効果は期待出来ません。
 脚の脂肪が優先的に使用される訳ではないからです。



◆ 女性に厳しい理由 ◆


 脂肪は女性にとって重要な役割があると言うことです。
 体、特に脳が許さないのだと思います。均等になるよう指令を出していると思います。

 ⇒ (理想体重の後半に女性の体脂肪の重要な役割を記載しています。)



やはり、女性にとって体脂肪は重要です。




関連記事


美脚は可能
美脚を妨げている要因を対処すれば、だれでも美脚を獲得する事が出来ます。
代表的な美脚阻害要因を列挙します。
又解決方法は美脚エステで無く自宅で出来る方法にしました。
美脚になる最も効果的なのはムクミ解消。美脚で無い脚の1位はムクミです。
美脚エクササイズの第一歩
頭で「こうしたい」「こうなりたい」と考えている希望や願望。それが、脳が体や脳内組織に指令を出す大元。
その結果、意欲が出たり、体がその通りの行動をさせて結果をなって表れます。
美脚エクササイズの第一歩は考え方を変える事と体感エクササイズから。
美しい立ち姿勢の体感エクササイズ
立った時の姿勢や歩く姿勢のバランスを調えるには、腹横筋・大腰筋・腸骨筋・骨盤底筋を意識する事が重要。
尾骨から頭蓋骨までを貫く脊椎と骨盤周囲筋を意識して、美しい姿勢を保つ脳エクササイズ。 考案したドイツ人の名前を摂って、呼び名はピラティス。
足首・膝下・膝・腰・お尻を改善
膝下の0脚だけで無く歪みの改善にも効果的。
曲がって見える足首も真っ直ぐに出来る。
膝下や足首を改善するエクササイズ。
足首と膝のバランスエクササイズ
足首の動きのバランスを調え美しさを目指すエクササイズ。
普段と違う動きなので慣れないと結構きつい美脚エクササイズ。
コツはゆっくりした動作の円運動。
ゆっくり動かす事で関節の運動が体感できます。