体を作る脂肪


トップページ ⇒ 体の不思議 ⇒ 体を作る脂肪


詳細内容

体の不思議-体を作る脂肪

運動の強さの設定 ←|→ 体脂肪は2種類

 ◆ 体の組成からみた脂肪 ◆


 体を作る骨や筋肉は元素からできています。

 ・酸素:65%

 ・炭素:18%

 ・水素:10%

 ・他に窒素など


 体脂肪は酸素、炭素、水素の3つの元素の組み合わせです。昔、学校で習った通りです。


 脂肪はエネルギー蓄積、供給、蛋白質節約、女性機能発現など重要な働きがあります。
 と言ってます。
 多すぎると健康上問題が出てきますが、少なすぎてもまた問題が発生します。



 ◆ 大切なのは体脂肪率 ◆


 ダイエットで体重が減少すると「ヤッター」となりがちですが、筋肉が落ちての体重減少
 では問題多々。脂肪の割合が重要で、体脂肪率が重要な数値となります。


 その理由は余分な脂肪蓄積が病気のトリガになるからで、脂肪が過剰に蓄積すると、
 コレステロール、リン脂質、中性脂肪、遊離脂肪酸の血中脂肪が増え、動脈硬化、心筋
 梗塞、狭心症、脳梗塞など重大な病を引き起こしすと警告されています。


 重要なのは、体重ではなく、脂肪の割合 = 体脂肪率。

 日本人の平均的な体脂肪率

 ・成人男性:15〜20%、

 ・成人女性:20〜25%

 ・若い方より、年配者のの方は脂肪の割合が多い



 また、総コレステロール、中性脂肪、血糖、尿酸、血圧などは体脂肪率が高いほど
 大きな値を示している事が統計グラフで読み取れました。

 体脂肪率が高いほど、心臓系・血管系の病のリスクが高くなります。



 ◆ 体に役立つ体脂肪 ◆


 人が生きる為に必要なエネルギーは3大栄養素(糖質:炭水化物、脂質:脂肪、蛋白質)
 から得られます。

 この中でエネルギー源として重要なのが脂肪です。


 ・糖質:日々の生活・行動で逐次消費される。

 ・蛋白質:筋肉・骨・ホルモンなどの材料として使用されエネルギー源にならない。

 ・脂肪:糖質、蛋白質の2倍のエネルギーをだす。脂肪細胞に貯蔵できる。
  又必要な時に取り出してエネルギーとして使用できる。



 エネルギーの観点から体脂肪は重要で、体重60kgの人にはマラソン40回以上分
 のエネルギーが蓄えられている計算になりました(電卓で割り算)。



 ◆ 病気の原因となる体脂肪 ◆
 

 体脂肪は蓄積されやすい性質を持っていますが、過剰蓄積されると肥満。
 肥満が原因でおこる病は、動脈硬化、高血圧、糖尿病、通風、関節炎など。


 また、低すぎると骨粗しょう症、生理不順の原因になります。
 (女性の生理には17〜25%の体脂肪量が必要。



 体脂肪は多いと問題ですが、少なくても問題です。