体を作る脂肪


美脚エステを激辛比較 ⇒ 体の不思議 ⇒ 体を作る脂肪


詳細内容

体の不思議-体を作る脂肪

運動の強さの設定 ←|→ 体脂肪は2種類

 ◆ 体の組成からみた脂肪 ◆


 体を作る骨や筋肉は元素からできています。

 ・酸素:65%

 ・炭素:18%

 ・水素:10%

 ・他に窒素など


 体脂肪は酸素、炭素、水素の3つの元素の組み合わせです。昔、学校で習った通りです。


 脂肪はエネルギー蓄積、供給、蛋白質節約、女性機能発現など重要な働きがあります。
 と言ってます。
 多すぎると健康上問題が出てきますが、少なすぎてもまた問題が発生します。



 ◆ 大切なのは体脂肪率 ◆


 ダイエットで体重が減少すると「ヤッター」となりがちですが、筋肉が落ちての体重減少
 では問題多々。脂肪の割合が重要で、体脂肪率が重要な数値となります。


 その理由は余分な脂肪蓄積が病気のトリガになるからで、脂肪が過剰に蓄積すると、
 コレステロール、リン脂質、中性脂肪、遊離脂肪酸の血中脂肪が増え、動脈硬化、心筋
 梗塞、狭心症、脳梗塞など重大な病を引き起こしすと警告されています。


 重要なのは、体重ではなく、脂肪の割合 = 体脂肪率。

 日本人の平均的な体脂肪率

 ・成人男性:15〜20%、

 ・成人女性:20〜25%

 ・若い方より、年配者のの方は脂肪の割合が多い



 また、総コレステロール、中性脂肪、血糖、尿酸、血圧などは体脂肪率が高いほど
 大きな値を示している事が統計グラフで読み取れました。

 体脂肪率が高いほど、心臓系・血管系の病のリスクが高くなります。



 ◆ 体に役立つ体脂肪 ◆


 人が生きる為に必要なエネルギーは3大栄養素(糖質:炭水化物、脂質:脂肪、蛋白質)
 から得られます。

 この中でエネルギー源として重要なのが脂肪です。


 ・糖質:日々の生活・行動で逐次消費される。

 ・蛋白質:筋肉・骨・ホルモンなどの材料として使用されエネルギー源にならない。

 ・脂肪:糖質、蛋白質の2倍のエネルギーをだす。脂肪細胞に貯蔵できる。
  又必要な時に取り出してエネルギーとして使用できる。



 エネルギーの観点から体脂肪は重要で、体重60kgの人にはマラソン40回以上分
 のエネルギーが蓄えられている計算になりました(電卓で割り算)。



 ◆ 病気の原因となる体脂肪 ◆
 

 体脂肪は蓄積されやすい性質を持っていますが、過剰蓄積されると肥満。
 肥満が原因でおこる病は、動脈硬化、高血圧、糖尿病、通風、関節炎など。


 また、低すぎると骨粗しょう症、生理不順の原因になります。
 (女性の生理には17〜25%の体脂肪量が必要。



 体脂肪は多いと問題ですが、少なくても問題です。





関連記事


美脚は可能
美脚を妨げている要因を対処すれば、だれでも美脚を獲得する事が出来ます。
代表的な美脚阻害要因を列挙します。
又解決方法は美脚エステで無く自宅で出来る方法にしました。
美脚になる最も効果的なのはムクミ解消。美脚で無い脚の1位はムクミです。
美脚エクササイズの第一歩
頭で「こうしたい」「こうなりたい」と考えている希望や願望。それが、脳が体や脳内組織に指令を出す大元。
その結果、意欲が出たり、体がその通りの行動をさせて結果をなって表れます。
美脚エクササイズの第一歩は考え方を変える事と体感エクササイズから。
美しい立ち姿勢の体感エクササイズ
立った時の姿勢や歩く姿勢のバランスを調えるには、腹横筋・大腰筋・腸骨筋・骨盤底筋を意識する事が重要。
尾骨から頭蓋骨までを貫く脊椎と骨盤周囲筋を意識して、美しい姿勢を保つ脳エクササイズ。 考案したドイツ人の名前を摂って、呼び名はピラティス。
足首・膝下・膝・腰・お尻を改善
膝下の0脚だけで無く歪みの改善にも効果的。
曲がって見える足首も真っ直ぐに出来る。
膝下や足首を改善するエクササイズ。
足首と膝のバランスエクササイズ
足首の動きのバランスを調え美しさを目指すエクササイズ。
普段と違う動きなので慣れないと結構きつい美脚エクササイズ。
コツはゆっくりした動作の円運動。
ゆっくり動かす事で関節の運動が体感できます。