体脂肪の種類


美脚エステ比較 ⇒ 体の不思議 ⇒ 体脂肪は2種類


詳細内容

体の不思議-体脂肪の種類

体を作る脂肪 ←|→ 脂肪や糖で歩ける距離

 有酸素運動で脂肪を燃焼してスリムな体をゲット! の前に先ず体脂肪の種類の
 おさらいです。


 ◆ 脂肪細胞は2種類 ◆


 脂肪細胞は白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類。見た目の色がソーなっているのと
 働きの違い。


 【白色脂肪細胞】

 ・細胞膜に囲まれ、核、ミトコンドリアなどある普通の細胞内に大きな油滴1個。

 ・油貯蔵量が多い

 ・ほぼ全身に分布、お腹・太ももの皮下と内蔵に特に多い。



 【褐色脂肪細胞】

 ・細胞膜に囲まれ、核、ミトコンドリアなどある普通の細胞内に小さな油滴1個。

 ・一定量の油を貯蔵。体温保持のエネルギー源

 ・肩甲骨回り、脇に少量分布。




 ◆ 脂肪細胞は全身に分布 ◆


 皮下、筋肉、骨、神経、内蔵、血液など全身に分布。


 ◎1.血液中の脂肪は、中性脂肪、遊離脂肪酸、コレステロール。


 ・中性脂肪

  運動を行なう時のエネルギー源。余ると血管に附着したり脂肪細胞
  に取り込まれて貯蔵



 ・遊離脂肪

  細胞内の中性脂肪が分解されて血中に出たもの。筋肉で使われる
  途中過程のもの。



 ・コレステロール

  細胞膜の合成に使用される。HDLとLDLの2種類。
  HDLが善玉、LDLが悪玉。総量でなく両者の比率が問題。



 ◎2.皮下の脂肪は貯蔵脂肪とも呼ばれ、運動で必要になると脂肪酸に分解されて
  血中へ出される。後は筋肉へ運ばれて運動のエネルギーになる。


 ・年齢が増すにつれ、分布の均一性がなくなり、多いトコや少ないトコがでる。


 ◎3.内蔵脂肪は内蔵の周りに蓄積された脂肪。

 ・減少すると、脂肪・糖の代謝が改善される。