正しい座り方


美脚エステを激辛比較 ⇒ モデル脚を目指す ⇒ 正しい姿勢で座る


モデル脚を目指す

最強エクササイズ。座りにも注意を払う

正しい姿勢で立つ ←|→ 美しく正しく歩く

座りにも正しい座り方があります。
特に日本では和式と洋式(椅子)がほぼ半々なので、結構厄介。




◆ 座りが不自然だと骨盤を歪める ◆

立っている時より座っている時の方が脚の筋肉を使っていない為楽です。
しかし、腰に掛かる負担は座っている時の方が大きい!

さらに座ると上体が安定するため、腿から下を組んだり、浅く座ったりと逆に不自然になりがち。
座った姿勢が悪くなると、背中・肩・腰の筋肉などの負担がかかり、血行が悪くなります。

血行不良は下半身にまで及び冷え、ムクミの原因にもなる。
座った時に、必ず脚を組む人は骨盤や股関節の歪みの可能性大。

スカートのセンターがズレたり、片方の靴の踵だけが減ったり、バッグを掛ける肩がいつも同じ方だったりしたら、骨盤や股関節に歪みの可能性大。

骨盤や股関節に歪み、冷え、ムクミが要因。

カイロや整体、骨盤調整エステなどでケアするのが近道です。


◆ 椅子の座面は固めが良い ◆

椅子は腰が深く沈まない、硬めの座面がおすすめです。
腰を深く沈めて寄りかかると、背骨の正しい湾曲が維持できません。

女優さんは座り方も美しい。普段から努力している結果の成果。


◆ 椅子の座り方 ◆

椅子に腰掛ける時は、膝、腰を横から見て直角になる様にします。

@ 両方の足裏は床にぴったり付ける様にする(はだしの場合)
A 両膝と両足は空けずに付けて、背筋は真っ直ぐ。
  頭の重みは座骨に乗せるイメージ
B 座面に接する部分が座骨の一番下、が最良の姿勢。


和洋で方法は異なる


簡単な様で意外と難しいですが、1ヶ月練習で楽に出来る様になります。
既に出来ている方はもう美脚。

良くない座りは上で説明した通りなので、和式(畳)と洋式(椅子)の正しい座り方を説明。


◆ 和式の座り方 ◆

正しい正座の仕方を教わった人は少ないと思います。従って正座以外の、腰から下を歪める座り方をしている人が多い。

しゃがむ、ペタンコ座り、横座り、あぐら、スポーツ座り。
椅子を使わない座り方のほとんどは正しい正座が出来ない為。下半身を歪め、上半身にも影響。

@ 座椅子を使う場合
  一度お尻を引締め、脚を揃える。つま先は立てる様にする。

A 正座の場合
  正座用椅子を使うか、足首の下に丸めたタオルを入れる。踵を指先を揃えて座り、
  一度お尻を引き締める。

  この正座なら姿勢が美しく、足も痺れにくくなります。

  お華やお茶の先生は長時間正座していながら、高齢(失礼!)で有りながら脚は変形していないそうです。


◆ 洋式のチェック項目 ◆

椅子の場合も和式程では有りませんが、正しく座らないとお尻の形を悪くします。
腿を組む、膝下を組む、広げる、膝とつま先を揃えられない、片方に重心を掛ける、ビジネス座り・・

骨盤を傾かせたり、膝、足首に負担を掛け、姿勢を悪くする。

正しい椅子の座り方のチェック項目
上で説明した「椅子の座り方」が出来ていればクリアできます。

@ 足は揃っているか
A 脚は揃っているか
B 股関節、肩、耳を地面に対して垂直線上に来ているか
C お尻が後ろに突き出ていないか
D 下腹部が下に垂れていないか


慣れないと、@〜Dは相当キツイです。普通に出来れば美脚の持ち主。


関連記事


美しい脚になる最強エクササイズは脳
頭で「こうしたい」「こうなりたい」と考えている希望や願望。それが、脳が体や脳内組織に指令を出す大元。
その結果、意欲が出たり、体がその通りの行動をさせて結果をなって表れます。 脚エクササイズの第一歩は考え方を変える事と体感エクササイズから。
目指すのは、男性が感じる美しい脚=「ある程度ふくよかで、真っ直ぐ、ボコボコしてない」。
美しい立ち姿勢の体感エクササイズ
尾骨から頭蓋骨までを貫く脊椎と骨盤周囲筋を意識して、美しい姿勢を保つ脳エクササイズ。
考案したドイツ人の名前を摂って、呼び名はピラティス。 目的は腹横筋と腸腰筋を鍛えて美しい姿勢を作る事。素の脳エクササイズ。 腹横筋は内蔵を保護する為の筋肉で腹筋群の深層部に位置。 腸腰筋は大腰筋と腸骨筋を合わせ名称。大腰筋は脊椎と大腿骨を結び、歩く時に腿を持上げる筋肉。
正しい姿勢で座る
立っている時より座っている時の方が脚の筋肉を使っていない為楽です。
しかし、腰に掛かる負担は座っている時の方が大きい! さらに座ると上体が安定するため、腿から下を組んだり、浅く座ったりと逆に不自然になりがち。 座った姿勢が悪くなると、背中・肩・腰の筋肉などの負担がかかり、血行が悪くなります。 血行不良は下半身にまで及び冷え、ムクミの原因にもなる。 座った時に、必ず脚を組む人は骨盤や股関節の歪みの可能性大。
正しく歩く
歩く時には足や脚の筋肉、関節、靭帯、関節包を使ってます。
これらの組織には大きな負担がかかっていますが、正しく歩くと負担は最少。 正しく歩けるかどうかで美脚が決まる位重要なエクササイズ。 20〜30分歩いただけで足や脚が疲れる人は歩く姿勢に問題が有るか、筋力が低下している場合のどちらか。 自分に合った靴で正しい姿勢で歩くと、身体への負担が軽減し、脚に必要な筋肉が鍛えられ良い方向に!
外反母趾・偏平足解消と足首を細くする
・右足首を左太腿の上に乗せ、右手で右足首を固定する。
・左手の親指で、足の母趾の付け根を押さえる。
・左手の人差し指と中指で、足の母趾の内側を支える。
・母趾の付け根を、左手の親指で5秒前後押し込む。
・母趾が曲がらない様に人差し指と中指で支える。
・3回程度行い、逆も行なう。
足首・膝下・膝・腰のくびれ・広がったお尻を改善
・両手で腓骨(膝の横の出っ張り)を押さえる。
・この時上体は必然的に前に屈む姿勢。
・踵を揃えてつま先を60度開く
・踵と膝は離れない様に両手で押さえながら、
 踵を大きくゆっくり上下させる。
・これを10回程度行なう。
・次に、つま先を揃えて、同じ動作を行なう。