あなたのタイプ判定!


美脚エステを激辛比較 ⇒ 美脚は可能 ⇒ あなたの美脚度はどの位?


詳細内容

先ずは阻害タイプ判定からスタート

脚の意識調査結果 ←|→ 脂肪型の基本対策

★ あなたが美脚になる方法は?タイプ判定 ★
タイプ判定
下の表で、あなたに当てはまる箇所をチェックして見て下さい。
タイプが判ります。と言うか、阻害要因の判定ですが・・・・。

No. 質問項目 チェック
1 昔に比べて太って来た
2 腰から下を触るとヒンヤリと冷たい
3 良く間食をする方だ
4 お茶よりジュースを良く飲む
5 外食が多い
6 掃除はまとめてする方だ
7 立ち仕事が多い
8 太もも内側などに青筋が多い
9 塩辛いものが好き
10 低カロリー食品を良く使う
11 入浴はシャワーで済ます事が多い
12 ダイエットサプリを色々試してる
13 椅子へ座る時は腿から下を組む
14 スカートを履くとセンターがズレて来る
15 横すわり出来ない方がある
16 どちらかの口角が上がっている
17 靴のカカトの減りが左右で異なる
18 X又は、X脚である
19 食事後は下腹が膨らむ
20 脂っこいものが好き
21 運動とは縁が無い生活をしている
22 気が付くと口呼吸している
23 声が小さいと良く言われる
24 お通じは毎日は無い


  

判定:


   チェックした個数がどのゾーンに一番多かったかでタイプを判定しました。


あなたのタイプは?     No.1   〜 No.6  : 脂肪(セルライト)型

    脂肪が多くて美しさを損ねているタイプです。


    No.7   〜 No.12 : ムクミ型

    脚のムクミで美しさ損ねているタイプです。


    No.13  〜 No.18 : 骨盤型

    姿勢の悪さ・歪みで美しさを損ねているタイプです。


    No.19  〜 No.24 : ポッコリお腹型

    内蔵脂肪や骨盤が原因で美しさを損ねているタイプです。


関連記事


男性が感じる美しい脚
興味深いのは男性のアンケート結果と、中年女性のアンケート結果がほぼ同じ事。
さらに、若い女性ほど、細い事が美しいと思っている点。 「とにかく細く、隙間が出来るくらいに細く・・・」が若い女性の目指している脚。 見る側と見られる側の意識ギャップの大きさに驚き!
同じアンケートで具体的な有名人も挙がっていました。
40代、50代、なんと60代の方も入っていました。テレビで椅子に腰掛け たその姿を拝見するとヤッパリ美しいですね。年齢は余り関係無さそうです。
脚の自信度の意識調査結果
ピップ株式会社が、日本・韓国・中国の働く女性990人の脚意識を分析したところ、日本人 女性は他の2ヶ国の女性と比較して、意外にもコンプレックスが非常に大きいことが判明。 美脚エステが隆盛にも拘わらず、意外な結果です。
悩みのTOP3は、冷え、乾燥、むくみ、である事も判明。皆さん悩みは大きそう。 美?せエステを比較する検討材料の1つとして参考にして見て下さい。
美しい脚の敵、冷えを解消する方法
日本人女性で冷えに悩む人は多いのですが、1口に冷えと言ってもタイプがあり、タイプによって 対処方法は色々。
そのタイプとは、@四肢末端型、A下半身型、B内蔵型、の3つに分類。
@四肢末端型 ------ 10〜30代女性に多い。
A下半身型 ------- 更年期の女性や中高年男性に多く、足先から腰の下半身が冷える
B内臓型 ------ 全年齢に多く、風に当たると寒気を感じるタイプ
医学で診る7つの冷え性解消
西洋医学では「冷え性」と言う単独の病名は有りません。 幾つかの病気の結果として「冷え性」と言う状態が起こります。 血液循環が悪い状態で起こり、英語ではPoor Blood Circulation と表記します。 「冷え性」の原因は大きく7つに分類できます。
動脈硬化による血管狭窄、橋本病、レイノー現象、喫煙の影響、ストレスの影響、運動不足、衣服による圧迫、の7個。
メリハリ美脚エクササイズ
腿・膝・脛・足の間にすき間ができない様にするエクササイズ。
膝下を引っ張りあげる役目を果たす太もも全体を鍛え、膝まわりのたるみ、だぶつきも一気に 引き締めるエクササイズ。真っ直ぐな脚を作るのが目的。 これに、ポッコリお腹基本対策の「 ヒップリフト 」 を加えるとさらに効果大。 気力さえ有れば、エステ代に比較すればズッと安価
5分で出来る脚マッサージ
この脚エクササイズを効率的に行うには、体が温まり筋肉がほぐれている、入浴後の時間帯が ベストです。出来る事ならこの時の入浴は半身浴がベスト。
片方5分、両脚で10分で出来る脚エクササイズです。
やる内容はエステと大差ないと内容で効果あり。
この方法は運動を伴わないマッサージが主体で、脚ラインを作るのが目的。