絶食時の代謝


美脚エステを激辛比較 ⇒ 正統ダイエット ⇒ 絶食時の代謝


詳細内容



絶食時の代謝などについて

ダイエット計画の詳細 ←|→ ダイエットと美脚

◆ 代謝割合などの数値 ◆

 ・基礎代謝:全代謝の60〜70%:寝ているだけでも生命維持に必要なエネルギー
 ・生活代謝:全代謝の20〜30%:生活の活動で使われるエネルギー
 ・食事誘導性代謝:全代謝の10%:食物の消化・吸収に必要なエネルギー

 ・安静時代謝:基礎代謝×1.2:起きて横になっているだけで使われるエネルギー
基礎代謝
 体組織で使われるエネルギー割合(主なもの)

 筋肉:20% 肝臓:20%  脳:18%  腎臓:7%  皮膚:5%




◆ 糖新生 ◆

食後数、1時間程度経過すると食物から摂取したグルコース(ブドウ糖)は各組織で使われたり、脂肪細胞に取り込まれたりして血糖値は低下し肝臓のグリコーゲンが分解されて使われます。

時間が経過し、絶食状態が持続すると、ブドウ糖の供給源は、肝臓のグリコーゲン分解から糖新生と言う方法に切り替わり、グルコースが合成されます。

 ・脂肪組織 ⇒ グリセロールや脂肪酸分解 ⇒ 肝臓で糖新生 ⇒ 脂肪組織・筋肉に供給
 ・筋肉    ⇒ アミノ酸に分解 ⇒ 肝臓で糖新生 ⇒ 筋肉・脂肪組織に供給
 ・糖代謝   ⇒ 乳酸にまで分解 ⇒ 肝臓で糖新生 ⇒ 筋肉・脂肪組織に供給


◆ 絶食時の代謝 ◆

・先ずグリコーゲンがグルコースにの合成される。筋肉内のグリコーゲンの場合は血糖に寄与しないで、筋肉のエネルギーとなるbr /> ・脂肪組織が分解されて、脂肪酸+グリセンリンとなりグルコースが新生される。

・さらに、絶食が続くとアミノ酸が肝臓で糖新生され、グルコースに変換される。

・絶食の飢餓状態が続くと脂肪酸は、肝臓に運ばれケトン体が作られ血液中に放出される。
  ケトン体は、脳でグルコースに変わる代替エネルギー源として用いられる。
  (但し、最大で20%程度)


◆ 体の組織のエネルギー源 ◆

 ・脳  :グルコース、(絶食時はケトン体が代替エネルギー源になる)

 ・肝臓 :グルコース、脂肪酸、アミノ酸

 ・骨格筋:グリコーゲン、脂肪酸、アミノ酸(白筋はグリコーゲン)

 ・心筋 :遊離脂肪酸 ⇒ グルコース

 ・赤血球、白血球:グルコース



関連記事


絶食時の代謝
食後数、1時間程度経過すると食物から摂取したグルコース(ブドウ糖)は各組織で使われたり、脂肪細胞に取り込まれたりして血糖値は低下し肝臓のグリコーゲンが分解されて使われます。 時間が経過し、絶食状態が持続すると、ブドウ糖の供給源は、肝臓のグリコーゲン分解から糖新生と言う方法に切り替わり、グルコースが合成されます。
ダイエットと美脚
「ダイエット」とは、太り過ぎの体を、有酸素運動をして体脂肪を燃焼させ、 適正体重を目指すもので美脚は念頭には置いていません。
「ダイエット」したからと言って、下半身が優先的に細くなったり、美しくなったり するものでも有りません。美しい脚とは言えません。 「太くなったから、下半身だけスリムにしよう」と思いがちですが、それは無理な相談です。
セルライトと言う特別なものは無い
良く耳にする「セルライト」。でも「セルライトって何?」と感じている方も多いと思います。
この「セルライト」、実は登場したのはつい20〜30年前のこと。
細胞のCellと鉱物のIteを合わせた合成語で、フランス当たりの美容界が雑誌 に載せて盛んに宣伝で使われだしたものです。
あくまで、売り手(美容界)側の都合の良い論法であるのですが、TV等や雑誌など で盛んに宣伝するうちに、多くの方が「セルライト」と言う、特別なものが有るかの ように錯覚(マインドコントロール)されているキライがあります。
残念ながら部分痩せは出来ません
「脚だけ痩せたい」「お腹だけ集中的に痩せたい」と思っている方、部分痩って 可能なのでしょうか?
この願望の「答え」が出たのは、つい最近の事です。
それも否定的にです !!
今まで「答え」が出なかったのは、体脂肪の分布割合を正確に測定する技術 が確立されていなかった為です。分布割合が測定出来なければ、ターゲット の部位が優先して痩せたかどうかが判りませんからね。
ダイエットは科学。それ以外は危険で怪しい
ダイエットは摂取エネルギーと消費エネルギーの収支決算で行います。
危険なダイエット  これ以外に現在の医学では方法が有りません。 又、これ以外の方法は「怪しい、危険」と考えて間違い有りません。 代謝と言う言葉が出てきますがエネルギーの事で単位はカロリー。 基礎代謝×1.2を安静時代謝といい、1日中座っていても消費されるエネルギーと 基礎代謝、食事誘導性代謝を足した値。
ダイエット中も安静時代謝分を食事で摂らないと病気など体へのダメージが大きく なります。