歩ける距離


美脚エステを激辛比較 ⇒ 体の不思議 ⇒ 脂肪や糖で歩ける距離


詳細内容

体の不思議-脂肪や糖を使って歩ける距離

体脂肪は2種類 ←|

 糖や脂肪のエネルギーを使って、どの位歩けるのかを計算しました。
 意外に短いです。



 ◆ ATPではどの位? ◆


 細胞内のATP(アデノシン三リン酸)がADP(アデノシンニリン酸)に変る時の
 エネルギーで筋肉は動きます。

 これで歩ける距離=5歩=3m位です。トイレにも行けません。



 ◆ クレアチリン酸サイクルでは? ◆


 3mでは困るので、クレアチリン酸サイクルでADPをATPに戻します。
 そしてATP⇒ADPでエネルギー供給します。

 これで歩ける距離=30m位です。外出は出来ません。



 ◆ グリコーゲンを利用すると、どの位? ◆


 外出できないと困るので、今度はグリコーゲンを使用します。
 グリコーゲンが乳酸にまで分解する時のエネルギーでATPを再合成します。

 これで歩ける距離=350m位です。近くのスーパーに行けます。が帰れません。
 

 ここまでは、酸素を必要としない無酸素運動です。
 次が有酸素運動になります。



 ◆ 酸素を使うと、どの位? ◆


 酸素があると、グリコーゲンが分解されたピルビン酸の一部がアセチルcoaになり、
 エネルギーを出します。これは有酸素。


 脂肪は少し遅れて、脂肪酸回路から、アセチルcoaとなり以降上と同じサイクルに
 入ります。

 これで歩ける距離=無限です。脂肪酸と酸素が有る限り運動出来ます。

 スーパーに歩いて行っても、無事に帰ってこれます。






関連記事


美脚は可能
美脚を妨げている要因を対処すれば、だれでも美脚を獲得する事が出来ます。
代表的な美脚阻害要因を列挙します。
又解決方法は美脚エステで無く自宅で出来る方法にしました。
美脚になる最も効果的なのはムクミ解消。美脚で無い脚の1位はムクミです。
美脚エクササイズの第一歩
頭で「こうしたい」「こうなりたい」と考えている希望や願望。それが、脳が体や脳内組織に指令を出す大元。
その結果、意欲が出たり、体がその通りの行動をさせて結果をなって表れます。
美脚エクササイズの第一歩は考え方を変える事と体感エクササイズから。
美しい立ち姿勢の体感エクササイズ
立った時の姿勢や歩く姿勢のバランスを調えるには、腹横筋・大腰筋・腸骨筋・骨盤底筋を意識する事が重要。
尾骨から頭蓋骨までを貫く脊椎と骨盤周囲筋を意識して、美しい姿勢を保つ脳エクササイズ。 考案したドイツ人の名前を摂って、呼び名はピラティス。
足首・膝下・膝・腰・お尻を改善
膝下の0脚だけで無く歪みの改善にも効果的。
曲がって見える足首も真っ直ぐに出来る。
膝下や足首を改善するエクササイズ。
足首と膝のバランスエクササイズ
足首の動きのバランスを調え美しさを目指すエクササイズ。
普段と違う動きなので慣れないと結構きつい美脚エクササイズ。
コツはゆっくりした動作の円運動。
ゆっくり動かす事で関節の運動が体感できます。