歩ける距離


トップページ ⇒ 体の不思議 ⇒ 脂肪や糖で歩ける距離


詳細内容

体の不思議-脂肪や糖を使って歩ける距離

体脂肪は2種類 ←|

 糖や脂肪のエネルギーを使って、どの位歩けるのかを計算しました。
 意外に短いです。



 ◆ ATPではどの位? ◆


 細胞内のATP(アデノシン三リン酸)がADP(アデノシンニリン酸)に変る時の
 エネルギーで筋肉は動きます。

 これで歩ける距離=5歩=3m位です。トイレにも行けません。



 ◆ クレアチリン酸サイクルでは? ◆


 3mでは困るので、クレアチリン酸サイクルでADPをATPに戻します。
 そしてATP⇒ADPでエネルギー供給します。

 これで歩ける距離=30m位です。外出は出来ません。



 ◆ グリコーゲンを利用すると、どの位? ◆


 外出できないと困るので、今度はグリコーゲンを使用します。
 グリコーゲンが乳酸にまで分解する時のエネルギーでATPを再合成します。

 これで歩ける距離=350m位です。近くのスーパーに行けます。が帰れません。
 

 ここまでは、酸素を必要としない無酸素運動です。
 次が有酸素運動になります。



 ◆ 酸素を使うと、どの位? ◆


 酸素があると、グリコーゲンが分解されたピルビン酸の一部がアセチルcoaになり、
 エネルギーを出します。これは有酸素。


 脂肪は少し遅れて、脂肪酸回路から、アセチルcoaとなり以降上と同じサイクルに
 入ります。

 これで歩ける距離=無限です。脂肪酸と酸素が有る限り運動出来ます。

 スーパーに歩いて行っても、無事に帰ってこれます。