脚に効果的な入浴法

美脚エステ比較 ⇒ モデル脚を目指す ⇒ 脚に効果的な入浴法

脚に効果的な入浴法は胸から下を温める半身浴

靴選びは影響が大きい ←|→ 足湯で全身をリラックス


◆ 血液やリンパ液は下半身に滞る ◆

下半身冷えやムクミを解消する為に効果的な入浴法は、胸から下を温める半身浴
人間は二本足でたって歩く関係上、重力によって、ふくらはぎに血液やリンパ液が滞留しやすい。

血液は下半身から心臓に戻る時には重力に逆らって上がって行く宿命にあり。
特に立ち仕事や座り詰めのデスクワークが続くと、上方を押し出す力も弱くなりムクミの原因。

この為、ムクミは大きな要因。


◆ 半身浴で血行を良くする ◆

ではムクミや冷えを解消する方法は何か?
半身浴。下半身を温めると、血液やリンパ液も温まって流れが良くなる!
下半身から心臓へ向う手助けをしてくれる脚痩せ法。

半身浴 入浴後のストレッチやマッサージで、下半身の冷えやムクミを改善。
半身浴のメリットはもう1つ。自律神経の乱れを改善する事。

冷えやムクミの原因の1つは自律神経の乱れ。ぬるめの半身浴に効果あり。
何故、全身浴が適さないかと言うと、人の体温は下半身の方が低いから。

下半身が温まる頃には上半身はのぼせ状態に。
胸から下を温める半身浴は長くお湯に入っていられる為全身をシッカリと温める。


◆ 水分補給は入浴前後、入浴中 ◆

半身浴の適温は38〜40度が適温。胸の下からおへその上あたりまでお湯を張ります。
寒さを感じる場合には、肩にタオルを掛け、じんわり汗をかくまで20〜30分位つかる。

汗をかくので、入浴前後、出来れば入浴中にも水分補給を忘れずに!


◆ 冷えが酷い場合は温冷浴で血行促進 ◆

特に冷えが酷い場合や、手早くムクミを取りたい場合には温冷浴が脚にお奨め。
温かいお湯で足を温めて血管を拡張させ、次に冷やして血管を収縮。

温冷浴 これを繰り返す方法は、血管の収縮拡張作用が活発になり、血行がよくなり効果的。
この方法は自律神経の調整にも役立ちます。

@ お湯の温度を43度位の熱めの張った浴槽のヘリに腰掛け、膝から下をお湯に浸す。
A この時、足首などを動かす。
B 3分程浸かったら、水シャワーを10秒間程膝から下に掛ける。
C これを10回程度行う。
D 夏の暑い日の場合には、お湯と水シャワーは交互の1分位が最適。

入浴後には3章の「5分で出来る脚マッサージ」が効果的。