脚に効果的な入浴法


美脚エステを激辛比較 ⇒ モデル脚を目指す ⇒ 脚に効果的な入浴法


モデル脚を目指す

脚に効果的な入浴法は胸から下を温める半身浴

靴選びは影響が大きい ←|→ 足湯で全身をリラックス


◆ 血液やリンパ液は下半身に滞る ◆

下半身冷えやムクミを解消する為に効果的な入浴法は、胸から下を温める半身浴
人間は二本足でたって歩く関係上、重力によって、ふくらはぎに血液やリンパ液が滞留しやすい。

血液は下半身から心臓に戻る時には重力に逆らって上がって行く宿命にあり。
特に立ち仕事や座り詰めのデスクワークが続くと、上方を押し出す力も弱くなりムクミの原因。

この為、ムクミは大きな要因。


◆ 半身浴で血行を良くする ◆

ではムクミや冷えを解消する方法は何か?
半身浴。下半身を温めると、血液やリンパ液も温まって流れが良くなる!
下半身から心臓へ向う手助けをしてくれる美脚法。

半身浴 入浴後のストレッチやマッサージで、下半身の冷えやムクミを改善。
半身浴のメリットはもう1つ。自律神経の乱れを改善する事。

冷えやムクミの原因の1つは自律神経の乱れ。ぬるめの半身浴に効果あり。
何故、全身浴が適さないかと言うと、人の体温は下半身の方が低いから。

下半身が温まる頃には上半身はのぼせ状態に。
胸から下を温める半身浴は長くお湯に入っていられる為全身をシッカリと温める。


◆ 水分補給は入浴前後、入浴中 ◆

半身浴の適温は38〜40度が適温。胸の下からおへその上あたりまでお湯を張ります。
寒さを感じる場合には、肩にタオルを掛け、じんわり汗をかくまで20〜30分位つかる。

汗をかくので、入浴前後、出来れば入浴中にも水分補給を忘れずに!


◆ 冷えが酷い場合は温冷浴で血行促進 ◆

特に冷えが酷い場合や、手早くムクミを取りたい場合には温冷浴が脚にお奨め。
温かいお湯で足を温めて血管を拡張させ、次に冷やして血管を収縮。

温冷浴 これを繰り返す方法は、血管の収縮拡張作用が活発になり、血行がよくなり効果的。
この方法は自律神経の調整にも役立ちます。

@ お湯の温度を43度位の熱めの張った浴槽のヘリに腰掛け、膝から下をお湯に浸す。
A この時、足首などを動かす。
B 3分程浸かったら、水シャワーを10秒間程膝から下に掛ける。
C これを10回程度行う。
D 夏の暑い日の場合には、お湯と水シャワーは交互の1分位が最適。

入浴後には3章の「5分で出来る脚マッサージ」が効果的。

関連記事


美しい脚になる最強エクササイズは脳
頭で「こうしたい」「こうなりたい」と考えている希望や願望。それが、脳が体や脳内組織に指令を出す大元。
その結果、意欲が出たり、体がその通りの行動をさせて結果をなって表れます。 脚エクササイズの第一歩は考え方を変える事と体感エクササイズから。
目指すのは、男性が感じる美しい脚=「ある程度ふくよかで、真っ直ぐ、ボコボコしてない」。
美しい立ち姿勢の体感エクササイズ
尾骨から頭蓋骨までを貫く脊椎と骨盤周囲筋を意識して、美しい姿勢を保つ脳エクササイズ。
考案したドイツ人の名前を摂って、呼び名はピラティス。 目的は腹横筋と腸腰筋を鍛えて美しい姿勢を作る事。素の脳エクササイズ。 腹横筋は内蔵を保護する為の筋肉で腹筋群の深層部に位置。 腸腰筋は大腰筋と腸骨筋を合わせ名称。大腰筋は脊椎と大腿骨を結び、歩く時に腿を持上げる筋肉。
正しい姿勢で座る
立っている時より座っている時の方が脚の筋肉を使っていない為楽です。
しかし、腰に掛かる負担は座っている時の方が大きい! さらに座ると上体が安定するため、腿から下を組んだり、浅く座ったりと逆に不自然になりがち。 座った姿勢が悪くなると、背中・肩・腰の筋肉などの負担がかかり、血行が悪くなります。 血行不良は下半身にまで及び冷え、ムクミの原因にもなる。 座った時に、必ず脚を組む人は骨盤や股関節の歪みの可能性大。
正しく歩く
歩く時には足や脚の筋肉、関節、靭帯、関節包を使ってます。
これらの組織には大きな負担がかかっていますが、正しく歩くと負担は最少。 正しく歩けるかどうかで美脚が決まる位重要なエクササイズ。 20〜30分歩いただけで足や脚が疲れる人は歩く姿勢に問題が有るか、筋力が低下している場合のどちらか。 自分に合った靴で正しい姿勢で歩くと、身体への負担が軽減し、脚に必要な筋肉が鍛えられ良い方向に!
外反母趾・偏平足解消と足首を細くする
・右足首を左太腿の上に乗せ、右手で右足首を固定する。
・左手の親指で、足の母趾の付け根を押さえる。
・左手の人差し指と中指で、足の母趾の内側を支える。
・母趾の付け根を、左手の親指で5秒前後押し込む。
・母趾が曲がらない様に人差し指と中指で支える。
・3回程度行い、逆も行なう。
足首・膝下・膝・腰のくびれ・広がったお尻を改善
・両手で腓骨(膝の横の出っ張り)を押さえる。
・この時上体は必然的に前に屈む姿勢。
・踵を揃えてつま先を60度開く
・踵と膝は離れない様に両手で押さえながら、
 踵を大きくゆっくり上下させる。
・これを10回程度行なう。
・次に、つま先を揃えて、同じ動作を行なう。